So-net無料ブログ作成
検索選択

ロミオとジュリエットにみる心中の美化   [雑記]

録画しておいた英国ロイヤルバレエ団の「ロミオとジュリエット」を鑑賞。
(決して、○ッコリやプリッとしたヒップ目当てではありません。
というか、どうやったらあんなにタイツをヒップに食い込ませることができるんだろう?
と気になりっぱなしでしたが)

ノーカット2時間20分、飽きずに(たまに飽きちゃう似非バレエファン)
観ることができました。

45歳のプリンシパル、吉田都のジュリエットはそれはもう感動ものです。


好きなシーンは舞踏会ですかね~
しかし、この音楽聴くとソフトバンクのCMを思い出しちゃうのがねー、なんとも…。

もちろん最後の勘違い心中シーンもホロっとしますが…。

14歳ですよ、ジュリエット。
知り合ったばかりのちょっとチャラい男性にそこまでのめり込めるかな~、と
はなはだ疑問な訳ですよ。
まあ、その年齢だからこそ、できるのか。

にしても、ロミオたちのイチャシーンを観ていたら、
楊過と小龍女を思い出した。
なんていうか、長く観ていたくないというか…(爆)

小龍女は楊過が後追いすると思い、
16年後に逢いましょうと岩に字を彫って、
先に崖から身を投げたわけで、
これ、普通だったら助かってないですよね。
16年後にやはり身を投げる楊過。これもしかり…。
ということで、この二人もある意味心中カップル

郭襄を助けようとしたツガイの白鷲も一羽が金輪にやられてたあと、
自ら岩に頭をぶつけて激突死…(汗)

確かに愛が深ければ深いほど、
そんな事態が起こる可能性も高いということでせうか…。
「あなたなしでは生きていけない」
を地で行くわけです。

友人が39歳で亡くなった時、
彼の奥さんが「子供がいなかったら、後を追ってた」
と語っていたし…。

昔いた会社で、他部署で面識がなかった男性でしたが、
その方の奥さんが亡くなられ、
彼自身も1ヵ月後、後を追ったということもありました。

後を追われた側としては、どう思うんだろう?
きっと、残された相手に対して幸せに長生きして欲しいと
願っているはずなんだけど…。

いやいや、これは個人の価値観の問題。
他人がとやかくいうことではない、ですな…。

どっちにしても、心中ってなんだか、
古今東西、美化されているような気が、いたしまする…。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

tasuchan

後追い自殺ですか。
小説的には奇麗ですが残されたものは大変です。
それに自殺すると、先に無くなった方も自殺だったらたとえばロミオとジュリエットだったら二人とも自殺ですから同じ地獄にいけるかもしれませんが、病死や事故死で先立たれの後追いだったら行き先が違うかも。
ジュリエット14歳ですか、児ポルノに引っかかっちゃいますねロミオ。

by tasuchan (2010-11-23 19:00) 

阿銀

たす兄、
ほんと残された家族、周りは大変ですね…。
後のことまで考えてる余裕はないんでしょうけど。

自然死と自殺だと行き着くところが違うってよく聞きますね。
それだとあの世で一緒になれんではないですか…。
39歳の友人の場合、事故死なのか自殺なのか目撃者がいないので、
ようわからんのですよ。

あの当時は、14歳で結婚できるので大丈夫ですよ(爆)
今はダメだよ、14歳…
気をつけてね、たす兄…(笑)
by 阿銀 (2010-11-23 23:05) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。