So-net無料ブログ作成

復縁を迫る元妻!にびびった [雑記]

昨日、テレ朝の「4男4女大家族 ビックダディ 元妻が三つ子を連れてやってきた!」を最後まで観てしまったため、「関口知宏の中国鉄道紀行」を最後の10分しか観られなかった…(汗)あ~あ

ビックダディは42歳、去年岩手から8人の子供を連れて、奄美大島に移住。男手一つで家事をこなし、子育てをする父親。

元妻はビックダディとは7年前に離婚、その後三つ子を産んで、5歳になる三つ子と暮らしていたが、何を思ったのか突然元夫と子供たち8人が住む奄美大島へ押し入る。

そして、元夫へ復縁を迫るがあっさりと断られ…。ビッグダディは相当元妻が嫌いなようで、目も合わせないのよね…。7ヶ月の子供をはじめとした8人の幼子をすべて置いて家出したからなのかな?

3日後、元妻は愛知の家へ戻るが、仕事やめて再び押しかけてきた!さあ、どうするビッグダディ?

結局、村から離れた街に家を一軒借りてあげて、そこに元妻と三つ子を住まわせ、さらに自分の分院(自宅で整骨医院をしてる)として使い、街の高校へ行っている子供たちもそこで生活させるということで落ち着いた。

つまり、夫婦としての復縁はないが、プチ家族みたいになるわけだわ。けっきょく丸め込まれちゃったわけね…(汗)

なんかねえ、つめたーい緊張感の走る夫婦の間で、戸惑う子供たちが印象的だった。元妻よりもずっとずっと大人だったし。

最後まで説明がなかったのが、三つ子は誰の子?となぜ元妻は突然復縁を求めたのか?

まあ、状況から判断して三つ子はダディの子ではない。そして復縁を求めた理由は、経済的理由、元夫にまだ未練がある、子供たちと一緒にいたい、が考えられるけど、これ全部って感じもするわな~。

まあ、つっこみどころ満載のドキュメンタリー(?)でしたが、多少スタッフの演出があるので、どこまでが事実なのかわからないし。

このダディシリーズはずっと続くようなので、続きを楽しみにしています。


木の下で気を練る! [東洋医学、気功]

食べ物に陰陽(暖かい、普通、冷たい)の性質があるように木にも身体を温めるものから冷やすものまで色々あります。

外で気功をやる時には大抵パートナーとして樹木を一つ選びその下で練功します。

以前は超鈍感だったわたくしですが、ここ何年かは場の雰囲気とか磁場(?)に敏感になり、樹木に対しても選り好みするようになりました。

時々ドヒャーってするほどイヤな感覚の木があったりします。それは、たぶんよからぬ目的で使った後の木なのかもしれません。

あとは、季節や木の性質にもこだわるようになってきました。たとえば、一番気が良いとされる「松」ですが、夏などはちょっと暖かすぎて、ついつい「竹」の近くへ移動してしまいます。(竹でやる人はあまりいないですが 苦笑)

「竹」の性質は「大寒」。つまり冷え冷えな性質なので夏は快適ですが(笑)

個人的に一番のお気に入りは「梅」かな…。「温」なのでポーっと暖かいです。梅林へ行くとホっとするんですよね。

あと、注意しなければならないのは「石」。

以前合宿で個々好きな場所で気功をすることになった時、川辺の石が丁度良いサイズだったので、そこに座って練功したことがありました。

朝方でしたし、川べりってことで石はヒンヤリ…。夏だったので、そんなに不快ではなかったのですが、先生に怒られました(汗)
「石に長く座っていると身体の芯から冷える!特に女性はだめ!」

じゃあ、陽で温まった石は?と聞いたら、それならまだいいかもとの返事。

でも、石はあまりお勧めじゃないそうです。色んなものが憑きやすいから、みたいですが。

中にはすごいパワーを発している巨石とかあるようですが、素人は見分けが難しいかもしれませんね。 (榛名神社の巨石がすごいパワー放ってます)

と、ここまで考えたら樹木だって年を経れば「精」だってつくだろうし…。

うーん…。
いずれにしても、自分が嫌な感じがしたら、その木にも石にも近づかないのが一番なのでしょう…。


なぜか道姑たちに囲まれている張P。私も一度道観で修行したいな~!目指せ孫不二!(爆)


大旗英雄伝 15,16 [大旗英雄伝]

雷おっさん、最初っから、息子の嫁にって言えばいいじゃん!まるで、オレが食うぞ~みたいにタイタイを脅しおってからに!顔が引きつってるじゃないか~。でも、憎めないキャラだよねえ…。

        歯並びいいね

                    雷鞭役の賈石頭  普段からこんな雰囲気の人だったんだ。付けヒゲじゃなかったのね…(汗)

では、突っ込みを

◎なぜすぐ後を追わない?鉄。陰嬪がメッセージを残さなかったらどこへ行ったかわからんだろ!

◎サンザシ売りは今もあんな感じで売ってますね。以前北京で買った時は5分でした(元の下が角、その下が分)日本だと何銭の世界ですね。今はもっと高いと思いますが。驚いたのは、サンザシ売りの爺さん、私が食べ終わるのを待ってるんです。歩きながら食べようとしたら、ここで食べろと。なんだろう?と思って訊いたら、サンザシを刺している串を又使うから返してくれですと!!じゃ、この串は以前誰かが食べたもんだったのか…。こんなのがフツーな中国でございましたが、今は変わっていることを願う…。

◎陰嬪は、朱藻が女を作ったから家出したのよね?なら新しい女と一緒に山荘に戻るってどういうこと?ま、ジワジワ復讐しそうだけどね…

◎ところで、陰嬪は雷鞭に軟禁されていた時、夜のお楽しみはしていたのだろうか??それとも、朱藻のために操を守っていたんだろうか?

◎雲弟は瀕死の重傷、その雲弟をそんな目に合わせたこうもり兄貴を世話する鉄ちゃん。本来なら義弟の仇~って一戦交えるとこなのだが…汗

◎敦煌のホテルで観たアトラクションと同じ天女の舞を朱藻の家で観られるなんて…。いいな~(爆)

◎霊光が部屋へ入場するたびに花びらをまく秋月&春花…(汗)

◎トリ肉が食べたいって…、ぜいたく言うな!霊光

◎陰嬪「龍の肉が食べたいわ」 朱藻「それはヤキモチか?」  なんか笑った…

◎こうもり兄貴、いつの間に耳が治ったんだ…

◎雲弟め~、なんだその無視の仕方は!!

◎「私が育てた野菜です」と雲弟にみやげを持ってきたタイタイ。しかし、10日間程度でそんなに育たないと思うが…(大汗)

◎タイタイが雲弟へ持っていった野菜は、山くらげ(乾燥したのが中華食材やで売ってます)

◎タイタイ畑に空心菜(くうしんさい)発見!あれは栽培が簡単なのよねえ~(栽培暦11年の私 爆)

◎ところで、敏児はどこに?

◎雷小雕、強い!!  雲弟はこうもり兄貴に負け、こうもり兄貴は天武黒白に負け、黒白は 雷小雕にあっさり負ける。ということは、雲弟って弱すぎや~ん

◎九谷と(山労)山、どちらに住みたいかというと、当然ろうざん!ゴージャスな部屋で昼寝できるから!九谷だったら、九母にコキ使われそう~(爆)

◎陰嬪の抱いている猫がぐったりしているのが気になる…。

◎朱藻はSだったのか…。秋月、春花かわいそう~(って実は喜んでる?)

◎ワラ人形がらみで周りに迷惑をかけたのはこれで2度めじゃな…(汗)

実は、中華社員は陰嬪を応援しています(爆)って役柄が好きなんじゃなくて、演じている女優さんが、彼と同じ大学出身なので…(大汗)

中華社員が在学していた頃は、芸術系で有名な俳優はいなかったので、(ほとんど北京電影学院出身者)余計に応援したいらしい。 


日月教 黒木崖資料 [笑傲江湖]

書剣地図より

图2:【黑木崖崖底】


                                             ※黑木崖※
                                                 │
                                                石门
                                                  \
                                                  石阶
                                                    \
                                                    石阶      索道
                                                      \      /
                窝云崖                                三岔口—
                  │                                    │     \
                观瀑亭            一品崖       紫石崖 眉毛崖   山道
                  │                │              \  │       \
        百仗泉—玉屏瀑——碧血崖—五老峰—紫云崖———桃花川     山道
          │      │       │       │                             \
        千古石  入胜亭     │     入胜亭                           长滩
                           │ 仙人洞                           ~~~~
                           │  /                                ~~~~
                         仙人指路                                ~~~~
                                                                   猩猩滩 ———石道
                                                                                 │
                                                                                石道
                                                                                   \
                                                                             ┏━━━━━━┓
                                                                             ┃【平定州府】┃
                                                                             ┗━━━━━━┛

         

                                                           练功房  休息室
                                                             │      │
                                      青龙堂—长廊—千秋殿—长廊——长廊—膳食房
                                        │      │                   │
                              白虎堂—朱雀堂—成德殿                 │
                                 │             │                   │
                                  \           /                    │
       ※         石板路——前殿——长廊——大殿——————————长廊——议事厅  监狱
       黑           │               │      │                      │              │
       木— 石屋——牌楼——厢房  风雷堂——长廊——————————后殿——暗道——暗道
       崖                                    │
       底                                  后花园
       ※


黄色いジュディ・オングは建寧公主の舒畅でした [鹿鼎記]

プロフィール画像の「岡本太郎まっさおの金ぴかの太陽の塔となジュディーオングの合体したような写真」は何?とのたす兄からのご質問にお答えします(爆)

プロフィールに武侠小説に出てくるキャラで一番自分に近いと思うもので、「鹿鼎記」の「建寧公主」と書きましたので、画像も建寧公主にしようと画像検索しましたら、やはりスーちゃん公主が一番かわゆいので使わせてもらいました(またNOBちんから怒られそう…爆)

かわいい~、たまらん!

鹿鼎記はいつ日本で、観られるのでしょうか…(遠い目)


阿銀女侠の恋の悩み相談室 [雑記]

今回相談してきたのは、留学生の色白君@28歳、チェリー(彼女いない暦28年だから)。彼の悩みは厳密にいうと恋の悩みではないが…。

その前に、中国は日本に比べて未婚率がグッと低いのをご存知だろうか?そのわけは、30前、あるいは30過ぎて相手がいないと、まわりの人間(両親、親戚、近所のおっちゃんおばちゃん、友人、母校の先生などなど)が無理やりお見合い話を持ってきて、くっつけようとするから。特に地方はすごい…(汗)

色白君も例外ではなく、両親が見合い話を持ってきた。相手の女性は色白君と同じ28歳、同じ高校だったらしいが、お互い顔は知らなかったよう。彼女の親から「うちの娘どう?」と持ち込まれた話のようだ。その女性は現在中国の大都市で働いている。

で、今はPCという便利なもんがあるので、さっそく自分たちの画像を交換したり、チャット(文字のみ)でここ数ヶ月交流しています…。

色白君の外見はとにかく肌が透き通るように白くて、ベビーフェイス。胡歌をちょっとダサくした感じ?(爆)

彼女は(色白君が画像を見せてくれた)、普通のどこにでもいるようなお嬢さん。しかし、手足が長い!スタイルがよかと~。

なわけですが、どうも彼女の方が色白君に気があるようなのです。まだ逢ってないのに。

で、色白君の方はというと、「友達くらいにしか思えない」そうで。まったくときめかないんですと。チャットも年中やっているようなのですが、何を書いていいのかわからない状態だとか…。

うむ、これは確かに恋してないね!恋してりゃ、何時間でも意味のない話をチャットできるし、電話だったらずっとしゃべってるし。

つまり、双方の両親も超乗り気、彼女も乗り気、そうじゃないのは色白君のみってことで。

実は、色白君、チャットで私のことをよく話題に出すようで、そのためか彼女が私とチャットしたいと申し込んできたことがありました。私一人ではそんなすばやく中国語を理解できない&打てないので、中華社員に手伝ってもらって仕事中に(爆)やりとりしたわけですが…。

ブログも読ませてもらったのですが、とにかく物をよく知っている文学女史という感じで、頭の回転がとても早い人でした。そう、しっかり者という感じ?でも、女の子っぽい詩も書くロマンテックな部分も持つ人で、明らかに色白君よりはずっとずっと知識があります(爆)(ブログの内容で人格を判断されたら、私は困るけどね By阿銀)

チャットの中でわかったのは、やはり色白君にかなり好意を持っているということ、これを再確認しました。

まあ、私が色白君にアドバイスしたのは、とにかくすべては「逢ってから」ということ。

今はまだ彼女の方も恋に恋している状態なので、生身の色白君を見たら、考えが変わるかもしれないし(大爆)

逆に色白君の方が彼女に好意を持つかもしれないし。

あとは、逢っても今と同じ状態だったら、「周りの状況に流されるな!」っとこと。

色白君はおとなしくて、まわりに影響を受けやすい性格なので、ここを心配してます。そんなに好きでもないけど、周りが結婚の雰囲気になってるから、まあいいか~って。

実はこんな感じで結婚してあとでダメになる人が多いんですよ。なので、キッチリ恋愛してから結婚へと進みなさいね!とアドバイスしました。

ま、二人が故郷へ一時的に帰って逢うのは、今度の春節。その時にハッキリするであろうて…。


大旗英雄伝 13,14 [大旗英雄伝]

陰嬪の首筋に愛撫する朱藻、感じて身悶える陰嬪…。そのあまりにも淫靡な雰囲気に思わず目をそらす黒白一派…(爆)

朱藻が志丙だったら、銀嬪はうれしいのですが…オーホッホホ(タンスの中から聞こえてきたキモイ笑い声で)

ゆうり九母から陰嬪キャラと言われ、はてこの陰嬪、どんな女人かと思えば!(爆)○玉二つ取るっていうのは目玉だったのね…、しかもコウモリ兄貴の…(汗)

ウッチャンかと思った…

では突っ込みを

◎霊光はやはりワラ人形を探しにいってたか!一言いってからいけや!

◎影で見守るって、あーたは弥七か?!コウモリ兄貴。でも、霊光が黒白笑軍団の後を付けた時は気が付かなかったじゃん。やはり気配だけでは無理か…

◎小包子ってなんであんなにエラそうなんだ

◎武侠ドラマで剣を買いに行くシーンって初めてかも。市販の剣って…

◎柳荷衣に恋した目の盛存孝

◎柳荷衣のネコ拳ポーズ、可愛い~

◎小華がタイタイにちょっかいを出す→雲弟が短気を起こして、小華をいぢめる→コウモリ兄貴が小華を助ける→雲弟とコウモリ兄貴の戦い、雲弟の盲人発言に兄貴切れて、雲弟をギッタギタに→重い雲弟を背負って、さまよわなければならなくなったタイタイ

結局、タイタイの奔放な色気がこんな形の災難でタイタイ自身に降りかかってきた…

◎顔をなでられたくらいで死を考える兄貴。なでられた時の顔はちょっと気持ち良さそうだったのに

◎小小少林寺!(大爆!)

◎陰嬪、笑い声がキモー!縮骨の技って…、エスパー伊東みたいに小さいとこに入れる技?

◎コウモリ兄貴よ、陰嬪の「私の顔を見たらその目をいただくわよ」という警告に2度もうなずいたわね!そりゃ取られてもしょうがないよ~。裁判になっても勝てるかどうか…。

ということは、コウモリ兄貴は陰嬪にそんなに惚れてたのか。彼女が登場した時は怯えていたけど、その後はけっこう一緒にいてなごんでたもんねえ。今も好きなんか?

◎鉄ちゃんにオバサン扱いされた陰嬪、怒るかと思ったら違った。認めているのね。

◎小小少林寺で又逢うタイタイ&雲弟とコウモリ兄貴。まるで何もなかったかのように振舞う両者が不自然。雲弟を瀕死の状態にした張本人なのに

◎少林寺の和尚がちょっとタイプだった…(小小少林寺のじゃないよ)

◎処刑台に乗せられている水霊光の衣装が、誘拐された時の黒い道士衣装から白に変わってる。ということは、誰かに服を脱がされた?(爆)

◎コウモリ兄貴があんたの代わりに戦って、倒れたのにしらんぷりかよ!鉄!

◎外気を出す時、あんなおおげさじゃないけど、たしかに蜃気楼なもやもやが見えるよね…

◎霊光の衣装は、まるで最初から朱藻一行に連れていかれるのをわかっていたかのように、一行の衣装にマッチしていた。

◎なぜ、おとなしく連れていかれる?霊光

次回の朱藻(ウッチャン)の動向が気になります。女好きで、司徒笑よりは強いってことはわかったけど…。

 


艾天蝠はおすぎだった!そして波乱な人生を歩んできた人だった! [大旗英雄伝]

おすぎで~す♪

                いつも目隠しして顔がわからない鬼谷所属、コウモリコスプレの艾天蝠兄貴。素顔はおすぎでした!銀のネックレスが素敵よ、兄貴。

なんて、ふざけて書きましたが、おすぎこと、いえ艾天蝠役の李奇龍の人生は波乱に満ちたものでした…。

1979年、河北省荊台(余談ですが現在、日清の合弁会社ある所)で貧しい農民の子として生まれた奇龍。母が病弱で乳が出なかったので、羊の乳を飲んで育ったという。

彼がまだ小さい頃に両親が病気になり、さらに極貧に…。彼は幼い妹の面倒をみたり、学校が終わってから、ゴミ拾いをして小銭を稼いだり、両親の看病をしたりという生活。しかも叔父からわずかなお金と食料をもらい、それで食いつないでいたので、とても衣服や靴を買うお金もなく、いつもボロボロの衣服を着ていたという。そのせいで、学校でイジメにあう。

妹が学校にあがる年になり、さらに家計はきつくなる。奇龍は父親から、「うちは二人を学校に行かせる余裕がないので、その権利を妹に譲ってくれないか」と言われる。そして、小学校卒業後、奇龍は家計の負担を少なくするために両親を親戚に託し、仏門に入ることを決意する。少林寺で武術を学ぼうと!

少林寺では、高僧素喜大師に学び、釈徳強法師という法名を賜り、嵩山少林寺第三十一世弟子となる。そして、鍛錬に次ぐ鍛錬で、どんどん才覚を伸ばし、少林寺の海外公演にも出演するようになる。これで彼は少林寺拳法の達人になったわけだが…。

残された妹は「お兄ちゃんは私のために仏門に入ったのだから、私は一生懸命勉強しないと」と常に成績上位だった。大学入試では700点という高得点を取り、本来なら北京大学へ行かれる点数だが、学費がかかるので、地元の大学へ行くことに決める。しかし、家には両親の治療代の10万元(約百五十万円)の借金があり、地元大学の学費でさえ払える状態ではなく…。

絶望した彼女は服毒自殺を図り、この世を去る。重い病の父は娘の遺体を前にして、「俺は世界でもっともダメな父親だ、娘を養う能力もないなんて、死んでしまいたい!」と号泣し、酒瓶を自らの頭に振り下ろし、鮮血を流したという。

2000年秋、実家の借金返済のため、高齢になった老師に別れを告げ、少林山を下りる奇龍。単身、映画の世界へ乗り込む。

苦労の末、現在では《西域神侠》、《截拳道》、《危険遊戯》、《黄飛鴻》、《散打王》、《大旗英雄伝》、《天地遊侠》、《少林寺伝奇》、《特殊使命》などのドラマに出演する人気アクション俳優として成功したわけです。しかし、スタントを使わないため、満身創痍の様子…。

借金をすべて返し終わった彼は、貧困で学校へ行けない子供たちを援助するために、武術スクールを創立することにした。彼自身13歳で学校へ行かれなくなったのも、妹が大学へ行かれなかったのもすべて貧困のせい。そんな自分と同じ思いをしている子供たちを助けたいそうだ。

苦労人で、仏教の慈悲を学んだ彼だからこそ、できることなのだろう…

 

何話かわかりませんが、天を飛ぶ兄貴ではなく、かなり弱弱しい艾天蝠兄貴がここに…

http://you.video.sina.com.cn/b/4909308-1250415883.html 


普通だったら市長になれたのに… [雑記]

ドラマ「菊次郎とさき」を観て、菊次郎が文盲だったということを知る。

そして、これを観た中華社員@41歳が、なぜか感動していた。

「うちのおやじも自分の名前も書けないけど、自分の意思で練習したことはない。菊次郎は偉いなあ~」と。

夜中にこっそり一人で練習して、その練習した紙が菊次郎の死後発見された、とのくだりは確かに泣けた。

社員のおやじは、生まれてこの方全く教育を受けていない、というか受けられなかった。土地を持たない家の身分だったおやじさんは、洞窟に入って水晶採ったりして生計を立てていたから、学校へ行く時間もお金もないし、それどころか学校そのものが村にはなかった。

1949年、解放後は、土地が平等に分配され、社員の父も内戦中の色々な功績が認められ、めでたく村長になるが…。読み書きができない彼はそれ以上出世することは、なかった。

その当時の同僚や部下は、あとで市長クラスまで出世したのに…(汗)

そんな社員の父は3年前に日本へ観光旅行へ来た。

しかし、パスポート、ビザを取るのがえらい騒ぎだった、なぜなら自分の名前が書けないから…。

孫に手取り足取り(!)何度も何度も名前書きの練習をさせられ、なんとか形になったようだ。

でも、せっかく覚えた名前も、その後使っていないので、もう書けないのではないか、という(汗)

さき、ではないが、社員の母も割りと教育熱心だったそうだ。しかし、大学院まで行った社員以外の兄弟は、すべて小か中卒で終わってしまった。村で良い教育を受けることは難しいのかもしれない。

今、中国の貧しい農村では学校へ行くお金がなくて、親が都会に出稼ぎにいってるそうだ。そういった家庭には、医療費と教育費はなんとか、免除してくれないものだろうか…。


大旗英雄伝  11,12 [大旗英雄伝]

鉄ちゃんの身体は、小華→豆腐や→杏白→青萍→海&火コンビ、とあちこち振り回され…。

小華から睡眠薬みたいな粉をかけられ、杏白から点穴&毒薬を飲まされて動けないとはいえ、なんか弱いイメージが付いてしまった。

見た目は強そうだけど…

では、突っ込みを

◎小華、最初みた時は女の子と間違えたが、顔アップをよくみると口元にうっすらヒゲが!高校生くらいなのかな。

◎粉をかけたくらいで敵を倒せるなら、武術の鍛錬なんてしなくてもいいような…

◎青霜はこんなとこで豆腐やを…。雲兄と一緒にいると思ったのに違ったのか~

◎杏白の肌って白くてモチモチしてキレイ…。キャラは最悪な男だけど

◎姚妹、あまりにインパクトの強い顔なのでビックリした!鋭角なホームベースみたいな輪郭で、とにかくアゴがとがり過ぎ

◎青萍、雲弟の次は鉄ちゃん狙いかい!

◎やり手婆の経営する妓楼のお姉ちゃんたち(女王蜂って呼ばれてたけど 爆)、李洛陽宅にいた男たちもてこずった相手、九母一派に割りと対当に戦っていたのには感心した。

◎女たちの大運動会だ~!

◎だから、おんなだらけの大運動会に男が入っちゃだめだよ~天蝠、火のおっさん

◎易冰梅が阿紫に見えてしょうがない…

                              易冰梅役の安(女尼)、アンナちゃん。 阿紫よりキレイかも…

                       コケティッシュな梅ちゃん

◎九母さまもヒステリーを起こすことがあるのね…

◎鉄ちゃんのワラ人形を探しにいったのか?!霊光


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。