So-net無料ブログ作成

鹿鼎記7 8 [鹿鼎記]

 かどわかされてきた少女を部屋に監○し、鍵を閉める。点穴で動けなくなっている彼女の顔にウ○コみたいな花の絵を落書き。その後、イスに座らせ、紐で縛り、怪しい秘薬や自分の唾を入れてコネコネした粘液を少女の顔に塗りたり、点穴を解くために、身体中指で突きまくる。しかも「お兄ちゃんと呼べ」と強要…。2002816895149328951_rs.jpg

これって、まだ美男子シャオミンがやってるからシャレで済むけど、他の人がやったら、ただのドヘンタイじゃん!妖怪コンビ↓がやったら、怪奇ものになるよねえ~(爆)

908.jpg                懐かしのフェイフェイ

◎遊びに来ていた親せきの子供たちが、帰った後の静けさ…、そして寂しさ…。子役時代が終わった今、そんな感じ

◎せかすようなしゃべりは小小宝と同じで聞き取りにくい

◎ゴンゴン並みのゆっくりしたしゃべりの爺はもういないのか、と思ったら皇帝に先祖の歴史を教える爺が!しかもゴンゴンの声に似てる…。しかし内容が難しい!

◎やっとおなごの7分の1が出てきた

◎銭「你小啊」 効果音「チーン」  小宝「小、什么小」 銭「年齢小啊」(大爆!)

◎桂ゴンゴン屋敷(元海ゴンゴン屋敷)ってあんなに雑草ぼうぼうだったっけ??

◎ベッドに横たわったまま、動かない沐郡主。点穴解けたんじゃなかったっけ?環跳穴をついて(環跳って、お尻の横の方にあるよね、微妙な位置…)

2002431303293002058_rs.jpg


「大阿哥溥峻」放送中~でした(汗) [中国ドラマ]

前記事を書いた4日後から、北京電視台にて放送してました(爆)はよう言ぅてや~

2月20日~3月6日まで、毎日午後2時より放映中。北京電視台の一部番組は、日本では生で観ることはできないので(観られる方法があったら教えて下さいまし)、PPLかSあたりに上がってくるのを待ちます。

300000394-147-2007-06-06%2017-25-06.jpg

観られる環境の方はぜひ~。

http://tv.btv.com.cn/tv/2009-02/20/content_403118_2.htm

↓こちらは、北京市内にある溥儁の母方の桂公府(ここは西太后と隆裕皇后の出身公府)と父方の端群府跡を尋ねる歴史番組。

この中に一部ドラマ映像が出てきますが、次期皇帝候補の小辮髪たちが、わらわらと西太后の前に連れてこられて、その中でもちょっと大きい15歳の溥儁が(かなりスレた15歳だけど)が、自分をぜひ皇帝に!と売り込むシーンがあります(爆)でも実際は、売り込む必要もなかったわけでして…。西太后は、姪の息子である彼をあっさりと後継者として決めたようです。

http://tv.btv.com.cn/v/vprogram/content/2009-02/25/content_25549.htm

雅琦BLOG↓

http://blog.sina.com.cn/s/blog_48b543f00100c4do.html


「愛新覚羅」を捨てた書家 [雑記]

中国書家で一番好きな字は、啓功先生の字です。

qi01.JPG赤壁賦より

先生の流れるような書、こんな風に書けたら、とずっと憧れていました。
中国の著名な建物の看板に先生の字がよく使われているので、目にした方も多いかもしれません。

書家の他にも画家、詩人、古典文学研究家(特に紅楼夢は有名)、古物鑑定、大学教授、中国書家協会名誉主席、仏教協会顧問、故宮博物館顧問、などなどたくさんの肩書きを持っていました。

元の姓は愛新覚羅、そう、
清エンペラー一族の一人なんですが、
その姓を捨てた人です。

先生の九代前は雍正帝です。八代前は乾隆帝の弟になります。(ということはあの小康煕帝は十代前かあ…)

北京にいた時にお話をしたことがあります。
落花生が大好物で、お店で買った落花生を食べながら歩いている姿をよくお見かけしました。

その姿はペンギンがチョコチョコ歩いているようで、とても微笑ましかったです。
私のつたない北京語を根気良く聞いてくださって、本当に優しい先生でした。国宝級のお方なのにまったく気取ったところがなく、まさに好々爺という言葉がピッタリ。

1221_271670.jpg

そんないつもにこにこな温厚なお爺様、啓功先生は、なぜ「愛新覚羅」と決別したのか?

文革でひどい目にあったので、捨てたという風にまわりから聞いていましたが、その当時はすでに「愛新覚羅」はブランド名としてむしろ利用価値があるくらいでした(実際そうしている方々も多かった)ので、なんで戻さないんだろう?と思ってました。

あとで知ったのですが、この件について、先生の心の奥底には計り知れない闇があったようです。「政治的に利用されたくないから」、「愛新覚羅という姓は元々存在していないから(ヌルハっつぁんが勝手につけた?)」となど諸説あるようですが…。

ちなみに啓功先生が愛してやまなかった書画家は、明末清初に活躍した破山禅師、抗清の禅師です。清皇帝子孫の先生が、抗清禅師をリスペクトしているというのもおもしろいですね。そういえば、先生の書は、禅師の字の雰囲気に似ています…。

啓功先生は05年に93歳でお亡くなりになりました。最期まで、「愛新覚羅」を戻すことはありませんでした。

先生のお葬式 は盛大に行われたそうです。

お葬式で思い出したのが、「寿」という字です。なぜかといいますと、以前啓功先生のお弟子さん(中文系教授)が、うちの母のために字を書いてくださるというので、母の好きな字か言葉をということだったので、「寿」という一文字をお願いしたら、なんか躊躇なさったんですよね。

「寿」はおめでたい字です、日本でも中国でも。但し、中国では白い紙に黒字で書くと葬式用になるんです…。それでためらったんです。

すべてのお葬式にではなく、90歳以上で亡くなった場合「寿」という字を使います。長生きして亡くなる、これはおめでたいことなんです。

なので、「寿」という文字を93歳で旅立たれた先生にお送りしたいと思います。

 


鹿鼎記 5  6 [鹿鼎記]

ゴンゴン~!オーバイ~!

P254093.jpg    天に召されるオーバイ

濃ゆいキャラ二名が早々に旅立たれまして候…。

ゴンゴンって、好漢だよね、忠臣だし!なのに主人公を殺そうとしたことでなにげに悪役キャラっぽい位置。

武侠ドラマでは、イイ人キャラだと思うよ…、ゴンゴン。武功も強いし。でも、小宝が主人公のこのドラマでは、正論言ってもヒールっぽい位置になり、しかも、妃や親王を殺しまくって我が世の春を謳歌している皇太后に対し、老体に鞭打って戦いを挑みその仇をとろうとしたのに…。

主人公・小宝に邪魔されちまった(爆)

ということは、雪山飛狐の真の主人公が田帰農だったら、彼の視線で物語が進んでいったら、やはり彼は憎めないキャラなんだろうか…、まさか(笑)

そういえば、小宝って、人殺しの後に必ず転機、しかもイイことが待ってますなあ。

役人殺し→茅十八と知り合い、北京へ

小桂子殺し→小桂子になりきり、皇帝と友達になる

海ゴンゴン殺し(直接手を下してはいないが、キッカケを作った)→出世する

オーバイ殺し→天地会のボスになる(?)

これからもこんな感じで話は進んでいくのでしょうか…。

321.jpg    

◎結局オーバイの財産のうち50万両はいただいたの?

◎ゴンゴンと皇太后の戦いを見つめる小宝の目は、子供のそれではなかった…。無邪気さと邪気たっぷりなキャラを演じ分ける王君はすごいよね~

◎ 皇太后の動きはまるで妖怪が乗り移っているよう…

◎少林派じゃなくて、崆峒派だったんだ、ゴンゴン。崆峒派の本拠地あたりは、雰囲気良くて好きなんだよねえ~

20085985728146.jpg                            へい、いらっしゃいっ!小宝(シャオパオ)の小包子(シャオパオズ)だよ~♪おいちいよ~♪

◎おもろい、かわいい、残忍、ずる賢いのすべてが混在する小宝のキャラがはっきりした回でした

◎皇后のトップシークレットを知っている小宝。これからどうなるのか…

◎一気に大人に。これって16,7歳くらいなんだろうか?

◎小宝くらいだったら、お風呂で世話をする人間もつくと思うんだけど、未だにアレがしっかりついてるってバレてないみたい

◎小宝が康王府に出かける時のBGMが、ドリフの舞台の入れ替え時の音楽みたい

U1921P28T3D1318531F329DT20061108105641.jpg       すまんです。オーバイかと思って載せたこの画像は、多隆@胡東でした(大汗)Marioさん、迷子さん、ご指摘ありがとう

◎オーバイ、鎖グルグル状態で、何年も?これじゃあ一気に殺してあげた方が親切だよ。

◎でたー!玉ちゃ~ん!今回は玄貞道長。天地会関係者ってことは、玉ちゃんみたいなずっこけキャラじゃなさそうねえ…。趙志敬時代から続いてきた悪役キャラに決別?

51ebc41652eed65020a4e99c.jpg

28-8-47633-8-172-230-20080509115340.jpg


「大阿哥溥峻」主題歌を発見! [中国ドラマ]

先月書きました突然の謎の放映禁止に見舞われた歴史ドラマ「大阿哥溥峻」の主題歌、「陰差陽錯」のカラオケ映像を発見しました。意外にもYou Tubeにありました(爆)

この主題歌を作曲をした王さんはちょっとした知り合いでして、彼の曲の中では、この「陰差陽錯」が一番のお気に入りなんです(陽の目を見なかったけど 涙)

先日、彼の作品をCDにまとめたものをいただいたので、今聴いておりまする。

王さんは現在24歳、この曲を作曲した時はにゃんと20歳!

重厚なオーケストラの音色と混声合唱、伝統楽器のコラボがなんとも素敵、しかも歌手、呉煒の朗々とした歌声がなかなかイイ味出してます。

そして、この主題歌MVの中に幻のドラマの片鱗をみることができます。カラオケMVなので、歌い手さんがちょこちょこ出て見にくいんですが…。

このドラマの主人公、愛新覚羅溥儁(あいしんかくら ふしゅん)は、西太后の夫、咸豊帝の甥、載漪の(さいい)の息子で、溥儁の母は西太后の弟の娘(ややこしや~)。

200901072043466652_S.jpg

西太后は言うことをきかなくなった光緒帝を病気を理由に退位させ、次の皇位継承者として、やんちゃ盛り15歳の彼に「大阿哥」の称号を与え、皇位につかせようとしますが、外国諸国から反対され失敗。即位式もしないで、彼の天下は終わったので、正式に皇位についたとは認められていないです(保慶帝という名がありますが…)

その後、庚子事変(義和団の乱)の首謀者ということで、父載漪が捕えられ、彼自身も紫禁城を追われ…。

八ヶ国連合軍の紫禁城突入

ラストエンペラー溥儀の即位式の時に「あんなチビに何ができるんだ~、皇帝は俺だー」(たぶん)と叫びながら、列に乱入しようとする溥儁(ちなみに彼は、溥儀の「はとこ」になります)

場末の京劇劇場の役者に身を落とし、メイクを落した後の哀愁に満ちた顔…

などなど…MVでなにげに観ることができます。

で、ちと疑問…。

溥儁は、没年が1908年、つまり24歳で新彊に流される途中の内モンゴルで、西太后の命令で李蓮英の放った刺客によって殺されたという説と、1942年に内モンゴルの塔王府で死去したという説があるようです。

ドラマは後者を選んでいるのでしょうか。それに、どうも紫禁城を出てからの彼の足跡は、フィクションの要素が強いような気がします。

そして彼には1908年生まれの一人息子がおります。毓蘭峰さんといいまして、1998年、90歳で亡くなりました。しかも北京じゃなくて、辺境の寧夏…。45年に入獄、56年、当地に流されてしまったようです…。

あと、名前の漢字…。日本では溥儁。中国では、溥儁、ドラマで使用している溥峻や溥俊、と3つあるんですよね…、う~む。

 

んで、前回は全く気がつかなかったのですが、溥儁のお相手役は、大旗英雄伝の花霊鈴役で出ていた雅琦でした。

124.jpg                              

1299292_h.jpg              大旗英雄伝の雅琦

なお、主役を演じる王学兵は、武侠ファンにお馴染みの「七剣下天山」の楊雲聡役で出ております。

U92P28T3D616367F326DT20041231191738.jpg

1969046_h.jpg

未確認情報では、地方の放送局や香港あたりで放送したかも?というのがありまして、だとしたら、せめてDVD発売だけでもしてほしいものです。全部みたい~


鹿鼎記 3  4 [鹿鼎記]

海ゴンゴン、小宝が何か言うたびに抱きしめたり、どついたりとなにかとタッチしまくりっ(赤面)小宝の貞操危うし!小宝もゴンゴンの鼻の穴に指を突っ込もうとする動作をして抵抗していたけど…(笑)

警察官になった最近も、そのクセは直ってなかったりして(爆)

1210302438907_35253.jpg

◎温弟が、小宝に熱いキス…、海ゴンゴンといい、紫禁城、禁断の少年愛…

◎どろんこ遊びしたい年頃だもんねえ~

◎偽紫禁城だとしても、バナナの木を植えるのはやばいでしょ~、合わないよお

◎象鼻で作った細工物…、なんかくさそう

45.JPG

◎小宝を後ろから抱きしめながら、揺りかごのように揺らすゴンゴン…

◎海ゴンゴン、一本の指で敵を倒すということは、少林一指禅功の達人?

◎温兄弟は、図書委員だったのか…

◎小宝に皇帝とばれた小玄子、対等に遊べる子供がいない小皇帝の哀愁が出てた…イイ演技するねえ~

449ac70beeaaa80394ca6bd4.jpg                小康煕@史磊  幼名が小宝って…(爆)

◎今回も○Mネタが!小康煕にオナラ責めをする小宝

◎カーテンの向こうに広がる、珍なしふんどし男の団体…!

◎オーバイを捕らえる時になぜ一番でかい相撲取りを連れていかない?

◎小宝って姑息な手をよく使うな~(刃物で刺す)今回はオーバイの太もも

c60f12ca110f3e9cc9176897.jpg

◎国一番の武功の持ち主、オーバイがこんなに簡単につかまっていいの?

033.JPG                                  死罪は免れたものの、罰として、全裸で草原に立たされているオーバイ@徐錦江

◎オーバイは、皇帝の許しを得ずにスクサハ一族を処刑?

◎オーバイがスクサハから強奪した財産を子孫に返せというけど、一族全員殺されたんじゃ?

401c991805e9091b34fa4173.jpg                   小康煕&康煕帝


これを○Mドラマと呼ばないでなんと呼ぶ? [鹿鼎記]

子供時代にはさすがに○Mシーンはないだろうと思っていたら、小宝ママのプチローソク責めシーンがありまましたねえ。

これなら、大人になってからはさらにヒートアップ?エ○小宝の本格的○Mを今からワックワクして待ってまっす!

24.jpg                                                     竹藪に縛ってなぶる…フッフッフ   ビーチクまわりの毛が濃いぃ~のに注目

2002408522315580752_rs.jpg     いや~ん、朕の毛を見ないで~

 2002816895149328951_rs.jpg     なんすか?これは蜜責め?あとで舐めまわすの?

655.JPG

685.JPG                                                      そして、極めつけはこれですな~ 撮影現場にいたかったっ!!(鼻息)

上のシーンはさすがにカットになったようですが、他のシーンの無事を祈ります!

10314182.jpg

ノーモアカット!

 


鹿鼎記 1 2 [鹿鼎記]

やっと始まりました、鹿鼎記。撮影時からずっと待っていましたぞい。この日のために小説読むの我慢してたんだからねっ!(涙)

で、観た分だけ読みすすめようと思ったら、誰か借りてた…。 なので、今回も何も知らない白紙状態(うすうす知っているが…)から出発です。

今回のインパクト賞!は海公公(ハイゴンゴン)

U1982P28T3D1980418F326DT20080409165500.jpg             老獪な宦官ジイは、きもいけどつい見入ってしまう。吹き替えのようだけど、あの老カマちっくなしゃべりにはまった!(爆)

33.jpg

◎新緑の緑、妓女たちの服の色、堤燈の赤い色…。まぶしい!まずしすぎるぜいっ!

◎房事中のママンの部屋に突入。プレイを邪魔する小宝。ここでS○プレイを勉強した?

2002818699187569612_rs.jpg

◎茅十八って強いんだか弱いんだか、いまいちキャラがわかんない

◎小宝の動き、止まらない罵り言葉、孫悟空みたい…

◎喘息ですごくて弱っているのにどこにそんな力が残っているのやら…海公公

43.jpg

◎海公公の入浴シーン。なぜバラの花びらが?しかも子泣きジジイみたいだし

◎1話中ですでに2人殺している小宝、しかも一人は同い年の子供…

◎溶けていく小桂子を見て、ニヤニヤしている小宝はかなりオカルトチック。すでに好漢キャラでないことがここでわかるとです…

◎小桂子と服取り替えるって、薬をかけてから気が付くって遅くない?

◎仏壇が一晩でくもの巣だらけに…

◎金水橋を小宝が渡っているシーンがあったので、賭博場は城外かと思っていたら、宦官連中が城内でこっそりやっていたのね

◎海公公が小宝に飲ませたスープは毒入り?

◎小桂子の冥福を祈る海公公。愛していたのね、彼を…(汗)

◎小玄子とのシーンは2つの殺人を忘れさせてくれるほど、ほのぼのとしておりますな~

U2599P28T3D1962506F326DT20080326171723.jpg         華子@海公公  意外と若いですね。男は黙って…(爆)

xin_050704061726468892428.jpg       真ん中が華子。似合ってますねボス役


少林寺伝奇 タマつぶし~!猴子摘桃~! [中国ドラマ]

毎週金曜夜7時、BSフジで放送中の「少林寺伝奇」。

第一幕、第二幕が終わりました。なんか悪役二人がそれぞれいなくなると、かなりの喪失感…。それほど春華兄と于美髭爺の存在感が大きかったわけですがな。

121.JPG                                                満面の笑みですな~春華兄。  大師兄の前歯、本当に欠けてる…

354.JPG             この画だと、まるで妖怪仙人を守護している少林寺面々

42.JPG                   爺ちゃんと孫の微笑ましいツーショットみたい(笑)最後の戦いで、少林寺側が勝ったキッカケは、この恵空が妖怪仙人にボコボコにされているのを見て、怒った師匠の号令で一気に士気が高まったからだったっけ。

恵空が「タマつぶし~!」って妖怪仙人のタマを狙って襲うんだけど、爺に「はしたない」って簡単に振り払われちゃうシーンがあって、もう大爆笑!

タマつぶしって原語ではなんて言ってるんだろう?と思ってみてみると「猴子摘桃」という技の名前だった。直訳すると「猿の桃採り~」みたいなもん。つまり、「タマ」=「桃」ってことで(笑)なんか、小学生のいたずらみたいな技だ。恵空にピッタリ!

で、爺のセリフの「はしたない」は、「門儿都没有」(可能性はない)つまり、恵空の「猴子摘桃」という技に対して、やれるもんならやってみろ、できるものか!みたいなニュアンス?まあ、結局失敗したけど。

恵空君、私に新技教えてくれてありがとう。「吸珍大法」の次の新技「阿銀摘桃」の誕生です(爆)「銀摘桜桃」だと銀のチェリー摘み~♪ですな、オホホ

にしても孫覇も妖怪仙人も東方不敗並みの強さだったわ。だって、1対1じゃ誰もかなわないんだもん。5人の力を合わせてやっと勝ったという感じ。

で、このドラマ、個性派俳優の活躍の他にもお楽しみがあるんですよね~。それは…

少林寺僧侶達は、これでもかってくらいよく捕まって、縛られるシーンが多いんですよね。しかもなぜか裸体で!

複数のムキムキなチェリーな身体が縛られている画ってなんかすごくない?(赤面)

ew.JPG                                   たまに着衣のまま縛られていると…。「そんな僧衣ひっぱがしちゃって、ムキムキな体を荒縄でギューっと縛ってやって!(鼻息)」と思うのは私だけじゃないはず!

243.JPG                     「少林寺伝奇2」も早く観たいのぉ~(そういえばこの二人、媚薬を飲ませた人と飲まされた人だわねBy天龍八部) 大姐と迷子さんが鼻血もんだねこりゃ(爆)


恵方巻きの太巻きはアレだった… [雑記]

今日は節分。けさのTVで「恵方巻き」の特集をやっていた。

私もスーパーの戦略に踊らされて、2,3年前から恵方巻きを食べてます。一人こっそりと(爆)だって家族は興味ないんだもん。

元々関西の習慣だという、この恵方巻き。その年の歳神さまの方向(今年は東北東)を向いて、太巻きを黙々と食べる。

その起源をTVでやっていたわけです。最初に始めた大阪のお寿司屋さんのご主人によると…

「花柳界では、太巻きを旦那さんのアレに見立てて食べると、商売繁盛になる」という風習があって、それを聞いたご主人の何代か前の人が始めたそうなのだ。

ギャー!太巻きを男性のアレに見立ててを口にほお張る。ってことは、男性がやると「共食い」じゃん!

今日のお昼は、恵方巻きを買って中華社員にも日本の風習としてすすめようかと思っていたが、どうしようかな~。

すすめても、起源だけは決して言うまい!

にしても、これから恵方巻きをほお張るたびに、○ロいことを妄想してしまうでないかいっ!(爆)

太ければ太いほど、商売繁盛?(そんなことはTVで言ってないけど)じゃ、頑張らないと!

でも、顎関節症の人はあまり太いのは選ばない方がよかと思います…。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。