So-net無料ブログ作成

華山怪事(華山ミステリー) [現代怪奇・神仙]

これは当時西安在住だったF氏から聞いた話です。

F氏がまだ学生だった頃、友達と一緒に西安の東郊にある「華山」へ登った時のこと。
この山は知る人ぞ知る、断罪絶壁の道が続く、とんでもない登山道があるところ。

登山客などほとんどいなかったらしい。

1_124978107724ol.jpg
そんな彼らがこの道↑を恐々進んでいた時…(雪積もってるし…汗)

一台のカメラがそこにポツンと置いてあった。

カメラなぞ、当時としてはかなりの高級品。
こんなところに置き忘れるなんてありえない、というかこんな断崖絶壁に置くなんてまずない。

あたりを見渡しても人影はなし。
F氏はカメラを拾って持ち帰ることにした。
現像すれば、持ち主の手がかりがあると思ったからだ。

まだフィルムが残っていたので、残りを写し、現像してみる。
(F氏はカメラの趣味があったので自分で現像できた)

するとそこに写っていたのは、
鮮明ではないが、今まさに崖から落ちていく人の姿が…。

ということは、あの崖から落ちた人がいて、
その落ちた人をこのカメラで撮影した人がいたはず。

カメラを撮影した人はどこへ行ったのだろうか?

F氏はさっそくカメラと現像したフィルムを持って警察へ。

拾った場所と事情を一通り説明すると、
F氏たちが行ったその日に華山へいった二人が行方不明になっていることがわかった。

その二人とは、華山へ地質調査へ出かけた大学教授と助手の二人。

警察が大学と家族へ知らせ、カメラと写真を確認してもらう。
カメラは教授の研究室のものであるという。
その落ちていく人は、大学教授であろう(服の感じからして)ということがわかった。

では、これを写したであろう助手は?


F氏の両親は大学教授、その関係でその遺族とも仲良く(?)なり、
その後も何度か警察で会っていた。

そして数日経っても、とうとう助手は姿を現さず…。

ということで、警察+F氏+遺族+亡くなった教授の他の助手や生徒たちで推理をすることに。


1129277606563724092.jpg
まず、この道に二人はいた。

助手がカメラを手に色々撮影していた。
その時、教授がバランスを崩すかなにかで、崖から落ちた。
たまたま、カメラを向けていた助手がその瞬間を撮った。

教授が崖下に飲み込まれていった瞬間をみてショックを受けた助手は、
カメラをそこに残し、彼自身も崖下に身を躍らせた…。

というのは、助手の人柄を知る人たちによると
彼は人一倍教授を尊敬し、また人一倍責任感が強い人だったと。

事故とはいえ教授を死なせてしまったと感じたとしたら、
自ら責任をとるようなタイプだから、ということでこういった推理になったようです。

ちなみに谷は深く、死体収容は不可能だったそう(当時)


これが推理小説だったら、
教授を突き落とした助手が、わざとカメラでその瞬間を撮り現場に残し、
ひとりどこかへ立ち去る…

なんて、展開なんでしょうかねえ。

ということで、以上「華山怪事」でした。

1129277606563724100.jpg
すれ違うのも大変!!!こちらはしっかりと命綱つけてますね。

皆さんも華山へ修行、論剣、観光へ行く時はくれぐれもご注意を!
自己責任でこの道を歩いてください。

REX ウィーン警察シェパード刑事犬(rex kommissar)     シーズン4終了 [ミステリードラマ]

シーズン4が終わった。
なんだ?このドヨヨーーーンとした終わり方は?
救いようがない、こんな気持ちが落ち込む終わり方ってある?

シリーズものでは、俳優が一身上の事情で続けられなくなると、
大抵、「死」という形でいなくなる。
刑事ものなら、「殉職」。

9-9-2008-15-22-8190.jpg
で、今回主役のリヒャルト・モーザー役の俳優さんがやめるということで、
殉職だったわけですが~、
こうなんていうか、もっと視聴者が納得できる殉職方法がなかったのかねえ??

今回は90分拡大版(日本では2回に分けた)


アンティークショップ経営の母、母子家庭なので、息子を厳しく育てる。
息子は元々扱いにくい性格だったようで、母親は定規を使って叩き虐待を続けていた。

そんな母親の恐怖政治のせいで、精神を病んだ男は、
母親の代わりに他の女性を殺し、手に枝(定規の代わり)を握らせる。

男は逮捕されるが、病気ということで「お構いなし」。
施設に収容される。

それから、数年後。男は施設の抜け穴を見つけ外に出て、
連続3人の女性を殺す。母の代わりに…。

で、最後はモーザーの恋人が拉致され、こいつに殺されそうになるところを
モーザーと警察犬REX登場。

今回はREXは腐った板のせいで落下、見せ場もなく、
モーザーは犯人に心臓を撃たれて倒れる。

その後、犯人は自殺。

動かなくなったモーザーをREXが鼻で彼の顔を動かそうとしたり、
病院でおもちゃを鳴らしてモーザーを起こそうとしたり、
ベッドに乗って彼の身体の上にアゴを乗せたり…。

5323.jpg
動物がからむと泣けてくるんだけどね、でもでも、これで終わりじゃあまりにも~!

オーストリアののテレビでは1週間後にすぐ新人刑事が出てきて、REXと組んだらしい。
心のケアの準備をしてある。

でも、日本版では今回で最終回!
心のケアが欲しい~(涙)

今回のシーズン4は98年制作、このドラマ現在も続いている長寿ドラマらしい。
rex_apoyo_gedeon.jpg
何代目?これから出てくる刑事さんですね

犬が出てくるほのぼの刑事ドラマでありながら、
エロスのてんこ盛り、変態も多数登場のなんとも不思議なドラマなので、
早く続きが観たいものです。

更新滞っております [雑記]

神鵰侠侶の上乗せレビュー更新が1ヶ月以上滞っております。
というか、再放送を観る時間が全くないので、昔のレビューで勘弁してください。
1140162467_568.jpg
11月最終週に始まる「倚天屠龍記」からは真面目に書きますゆえ~。
といっても私はドラマを「次どうなるのーーー?」って気分を味わいたいため、
何年も我慢して小説を読んでおりません。

なので、深いレビューは書けないとは思いますが(っていつも書いてないけどね!)

最近は日中関係も私の周りもなんかバタバタしております。
「日中友好」とおちゃらけた気分で言っていた時代が懐かしゅうございます…。

知人留学生も何名か志半ばで帰国します。
大学中退です。
いや~、初めてですよ、中退留学生。

アルバイトがうまく見つからないのと成績不振が原因です。
昔はいなかったな~、こういうタイプの留学生。

何もかも時代は変わり…ですなあ。
(なんか婆くさい?)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。