So-net無料ブログ作成
ありえない出来事 ブログトップ

女子ト○レに男が!! [ありえない出来事]

先日、文化施設の女子トイレに入ったら…。

男がしゃがんで、袋の中を物色しておりました(汗)私が入ってきてビックリした男はすごい勢いで出口に突進してきて、私の肩にぶつかってあやまりもしないで(当たり前?)逃走。

男は年のころ30前後、痩せ型の正直ちょっとタイプな青年でした(爆)

それが、女子トイレで何かを物色していたわけです。

その袋をのぞいて見ると…。

ゴミでした。女子トイレのゴミですから想像つくと思いますが、色んなものが入ってます(汗)

キ、キモ!キモすぎ!のぞきの痴漢は聞いたことがるけど、ゴミあさり目的で女子トイレに入る男がいるなんて、初めて知ったわ!

もう、気持ち悪くてそのトイレが使えなかったわよー!

で、その男が昨日、うちの近所で自転車に乗って走ってるのを目撃!文化施設からうちまでは2キロ離れてるんだけど、こやつもこの辺に住んでいるのだろうか。

ヤツは私の顔を覚えていないようだった。ジッと見てもすました顔して行ってしまった。ほんっと、プチイケメンのせいか好青年に見えるのよ、この変態!

この人、彼女いるんだろうか?家庭を持っているのだろうか?あ~、自分の彼氏、夫、父親が女子トイレのゴミあさっているって知ったら…(大汗)

ほんと、どこに変態が潜んでいるのかわからないわ…。


西夏~での出来事  空港での恥ずかしい荷物検査 [ありえない出来事]

香取慎吾主演の映画、「西遊記」をかつて西夏の都があった銀川で撮影しております。ドラマではオーストラリアの砂漠使ってたけど、今度は本場の中国の砂漠での撮影ですね。

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/p-et-tp1-20061027-108980.html

 西夏王陵 今は整備されているようですが、私が行った頃は羊を放牧してたり、博物館に展示してありそうな文物もゴロゴロころがってました。前記事の虚竹と夢姑が激しく愛し合った氷室はこのあたりの設定

TVでも、西夏王陵での撮影風景が放送されてました。と前置きはこれくらいにして…。

銀川には5日くらい滞在してたかな…。外国人は皆無だったし、イスラム教(回教)の人は多かったし、おもしろい街でした。

そんな銀川を後にすべく、空港へ。あ~、またボロいプロペラ機に乗るのか~と思うと気が重く…。

そんな時、私の鬱々とした気分を吹き飛ばしてくれた出来事が起こったわけです。

機上する前の荷物検査でのこと。大きな空港みたいな装置はゼロ。係員が確認するだけの単純作業。

たんたんと作業が進むなか、私の番に。すると兄ちゃん係官は、私の手荷物を全部テーブルの上に出せという。

えーー、なんで私だけ?

ブツブツ文句を言いながら、リュックの中身を並べる。なぜか一つ一つ丁寧に吟味する係官。

そして、彼の手が一つの可愛らしいポーチで止まる。おもむろに中をのぞく。

ギャー、そ、それは、アレだよ~きゃー。

恥ずかしくなった私はポーチはひったくる。それは何だ!とムキになって奪い返す係官。

クッソー、あったまきた!そして大声で言ってやったさ。

「月○帯!(ナプキ○)」

私の発音が悪かったのか、彼がその言葉を知らなかったのか、キョトンとしている。

私の恥ずかしい大声を聞いた検査が済んで先に行っていた友人(中国の人)が慌てて飛んでくる。ということは、発音は良かったらしい(爆)彼がこの言葉を知らないだけ(こんなこと考えられないだろうけど、田舎じゃありえました)

「だから何?」

「だからー、女性が使うもの!月に一度!」

ここまで言ってようやく理解してくれましたよ。顔真っ赤にして、もういいっていうようなジェスチャーしたからね。

実はこんな騒動、よくあるんです。

グループで一緒にかの国へ行った友人(日本人)はやはり地方の空港でコンドーさんを荷物検査で見つけられて、

これはなんだ!とつながった近藤さんたちを片手に検査官が大声で訊ねてきました。

公衆の面前で近藤さんを披露された友人でしたが、負けずに

「こんなものも知らないの?坊や」(この人、中国語ベラベラ 坊やの意味は童○クン みたいな皮肉を込めていたようです)

ってからかってましたね(爆)

係官はものすごい顔で怒って、

だから、これはなんだーー!と近藤さんをブラブラさせてまた叫ぶ。もう周りは大爆笑ですよ。

そして、その様子に気が付いた彼の上司がすごい勢いですっ飛んできて、その近藤さんを取って、スーツケースに戻し、もう行っていいですって告げたんです。

納得いかないのが係官の兄ちゃん。上司にどうしてなんですか?と食って掛かっている。

怒り収まらない係官に耳打ちする上司。ボッと耳まで赤くなる係官。

ハハハハー、もう最高に楽しい劇場でした(爆)

 


真夏の悪夢 [ありえない出来事]

暦ではもう秋だけど、暑いっから、まだ皮膚温度的には真夏ってことで…。

やってしまいました…。HDDに録画していたドラマやらドキュメンタリーやらが全部パーーーーーー!!!

しかもDVD-RAMに録画していた分も見られない…。唯一DVD-Rのだけは無事でしたが。

わが愛する「アボンリーへの道」全91話分のうちの89話、そして「射雕英雄伝」、「天龍八部」のお気に入りシーンが全部逝ってしまわれたわけですがな(大涙)

「アボンリーへの道(Road to Avonlea)」は、「赤毛のアン」の作者モンゴメリー原作のカナダの連続ドラマで、全91話を6年くらいかけて撮っている(日本でいえば、渡る世間は鬼ばかりかな?)のですが、登場人物のキャラはもちろん、アボンリー(プリンスエドワード島のキャヴェンディッシュ)の四季の風景の美しさとそりゃもうヨダレものの素敵なドラマなんです。

アボンリーへの道 公式HP

http://roadtoavonlea.com/

意地悪ないとこの顔面にベリーパイ!ドリフのコントみたいだ… 

NHKで90年代に放送していたんですが、見逃した回も多かったので、その後ずっと再放送のリクエストを出していたんですわ。

ベリーパイをぶつけられた女の子は成長し、男とツーショット 

そして、やーーーーと2年前に深夜枠だったけど再放送してくれて、新品のDVDデッキを準備していざ録画!91話中89話を毎日毎日録画したわけですがな。

なんで89話なのかといいますと…、2話の中の吹き替えに差別用語があるとかいう理由で放送されなかったんです(爆)この2話はたまたま以前ビデオで録画していたので、確認してみるとどうも「インディアン」がまずいらしい…(汗)

今は「ネイティブアメリカン」って言わなきゃいけないのかな?にしてもそれくらいのことで、放送中止にするとは…。

そのうち金庸ドラマの吹き替えでもこんな問題が出てきて放送中止になる回が出てきたりして。

いやいや連続ものでそれをやるとストーリーがわからなくなるわ。アボンリーの場合、ストーリー単発ものが多いので抜けてもあまり影響ないんだけどね。

あー、これからどうすりゃいいの?カナダの通販で全巻買うか?ノーカットだし!(日本語吹き替えもたまには聞きたいしなあ)、NHKで全巻DVDを発売してくれるのを待つか?(現在6回分までのビデオは発売されている)

どうするーーー??


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(1) 
共通テーマ:テレビ

暴走エレベーターの話 [ありえない出来事]

先日死亡事故があって以来、全国でエレベーターの事故が続発しておりますが、私もかの国で何回も遭遇しております。

まず、北京国際飯店で3度閉じ込められました(汗)30階近くの部屋だったので、停止した位置もかなりの高さ!もーーーこえーー!

某学院寮のエレ。停止位置が床よりも30センチくらい低いので、変だな~と思っていたら、1年前にハコごと落ちて2人亡くなっていたエレだった…(汗)

銀川のイスラム系ホテルのエレ。完全にいかれてた…。友人の乗ったエレが3往復くらいいったりきたりを繰り返し、ボタンを押した階じゃないところでドアが開きました。私は1度乗って危険を察知して、階段を使用していたので、難を逃れましたのよ。

北京の○族飯店。ボーイが荷物を運ぶ時にエレに乗らず階段を上るので、訊いてみたら、昨日客がエレの事故で死亡したので、乗れないんですよ~とにこやかに言っていた…(大汗)

と体験した以外にもきいた話をまとめると相当な数になります。なので、日本のは安全だな~と思っていたのにこれだもん。

シンドラー製以外でも故障がよく出ているようなので、しばらく会社のエレは使わないで、階段にしようかな。ダイエットにもなるしね。


ありえない出来事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。