So-net無料ブログ作成
読後感想 ブログトップ

武士モノに飽きたら… [読後感想]


絹の筵旗―爆裂・正義なき上州一揆

絹の筵旗―爆裂・正義なき上州一揆

  • 作者: 高橋 直樹
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 1999/07
  • メディア: 単行本




上州ものが好きなので、読んでみました。
上州ものといえば、ヤクザ!博打!
こちらもご多分にもれず、ヤクザがたっくさん出てきます。
ここでは武士は脇役…。

天明元年(1781年)に起こった西上州の絹一揆がモデルです。

主役はヤクザと農民。
まあ、一揆なんだから、農民が主役のはずですが、
農民を扇動したのがヤクザたちなんですよね。

印象に残った登場人物

☆栗吉
真面目で、体格は力士並みの非蚕飼い農民。
博打には手を出さず、女にも恵まれず。
一揆にもさして興味はなかったが、
毘沙門坊から紹介され、娶ったばかりの嫁を誘拐され、
嫁を取り戻すためにその馬鹿力を発揮して一躍大将に…。
しかし、嫁は…

☆龍壱
ヤクザの子分だけど、ヤクザにしておくのはもったいないほどの
教養と美貌の持ち主。

☆毘沙門坊
上杉謙信にめちゃ憧れる天台系修験者。
なので、生涯女犯はしないらしい…。

農民に対しても誰に対しても丁寧な言葉遣い。
武士にこれ以上なめられないよう、
農民たちに無償で文字を教える教育者。

一揆では、謙信もどきの鎧を身にまとい、
農民達を先導。
と一見イイ人のように思えたが…。
なんか一番胡散臭い人間だよねえ、この人。

武士ものに飽きたら読んでみるといいかもいれません。


読後感想 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。