So-net無料ブログ作成

最新中国画像 [中国旅情]

といっても、昨日帰国した中華社員が撮ってきた画像を載せるだけです。いつも仕事がらみの写真しかとってこないので、今回珍しいものを撮ってきてと頼んでいたのです。

まずは、雲南から…

          昔ながらの農法  竹製の口枷がいい味だしてます

           そこのけそのこけ、牛車が通る。ちなみに上の牛は「黄牛」、下の牛は「水牛」です

            たぶん少数民族イ族。車の中からパチリ

           雲南といえば、ここ、石林

           昆明の滇池。この画像は6月10日に撮影しましたが、6月26日現在ではこんなドロドロに。気温が上昇し、緑藻が大発生したことが原因。かつて「高原明珠」と呼ばれたこの池(池といっても日本的には立派な湖)も今では…(汗)

次はアモイ~。

           なんちゃって天安門と故宮

次は北京行きの夜行列車内。5年ぶりに汽車に乗った社員は、あまりの進化にビックリ!

          各ベッドに液晶テレビがついている…

トイレもドボンでなくて、飛行機と同じエアー式だったとか。ただ、未だにカーテンはなし。着替えができないので、不便だよねえ。 

ということで、もっとあちこち出かけていたのに画像はこれだけ…(汗)次回に期待しよう。


nice!(1)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 8

新選組副長助勤たくいた

石林の画像がすごいね!

中国の寝台は、硬臥しか乗ったことないな。ぼくは、いつもスピーカーの真下で、リチャードクレイダーマンが、やたら流れていたことを思い出す…

あ!?阿銀さんのころは、まだ「満鉄」の頃でしたね。
by 新選組副長助勤たくいた (2007-06-27 12:05) 

阿銀

たくちん、
ナイスありがとう、中華社員が喜んでおりました。

>いつもスピーカーの真下で、リチャードクレイダーマンが、
なんかわかる~。とにかくでかい音量で音楽流せばいいと思ってるんだよねえ。昼寝ができねえじゃないか!と思ってましたよ。

満鉄って…(汗)あたしゃ婆さんか?
by 阿銀 (2007-06-27 14:12) 

D

わぁ、さすが『中国!』というような写真ですねぇ。
中国にはきっとこんな景色があちこちにあるのでしょうね~。
素晴らしいです。

あ~~、行きたい!!
by (2007-06-27 22:54) 

bluedragon_kid

はじめまして。阿銀さん。
Dさんの、ブログから飛んできました。
雲南の写真、すばらしいですね!
畑を耕している、牛をみると、射雕英雄伝での,がけ上の
シーンが目に浮かびます。また、イ族の民族衣装は、船から
飛んできて、いきなりヒルに血をすわせて、令狐冲を治療する
シーンを思い出します。
ドロドロ池は、サメに乗って、周伯通が飛び出してきそうです(爆)
by bluedragon_kid (2007-06-28 22:50) 

阿銀

D姐、
雲南はまたちょっと特別な景色が多いところみたいですね~。
常春なので、花がたくさん咲いていたそうです。
それを撮ってこない社員…、やはり男だからでしょうか(汗)
by 阿銀 (2007-06-28 23:42) 

阿銀

bluedragon_kid さん、
初めまして!
すべての画像が全部金庸ワールドとつながるなんて、素晴らしいですねえ!

>イ族の民族衣装は、船から
>飛んできて、いきなりヒルに血をすわせて、令狐冲を治療する
>シーンを思い出します。
五毒教の姐さんですね、なつかしい~。

>ドロドロ池は、サメに乗って、周伯通が飛び出してきそうです(爆)
うはは、緑の藻だらけになってはしゃぐ老玩童が目に浮かびます。
by 阿銀 (2007-06-28 23:44) 

くみ

こんにちは♪
石林すごいですね~!!初めてみました!
この牛さん、なんかかわいいです♪
中国は行ったこともないし未知の世界ですが、
阿銀さんのブログに出会えてから中国が好きになってきました♪
中国のこういうドラマおもしろいですよね~♪
by くみ (2007-06-30 12:58) 

阿銀

久美さん、
中国ははまり出すと止まらないですよ~(いろんな意味で)
ドラマのロケ地や原作の舞台とかも訪ねてみたいものです。
by 阿銀 (2007-07-01 00:35) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。