So-net無料ブログ作成

宇治川 (神田川の京バージョン) [妄想劇]

「ま、そんなとこやろ。森鵰、阿銀さんと一緒に住めよ。」

このたくのなにげなく言った一言が始まりだった。

「ワシと一緒に住まへんか?」

たくの一言でその気になったモリーに誘われ、いそいそと京をめざす銀子。臭いドボン便所にはかなり引いたが、それも愛があれば乗り越えられる。

 モリー宅には風呂がないため、毎晩肩を寄せ合い、銭湯へ通う二人。

そんな二人を電柱の影から嫉妬深い目で見つめる男、たく…。

「なんでやねん、オレというものがありながら…、いちゃつきやがって」

「いや、オレがモリーに同棲をすすめたんだっけ。アホな事言うてしもうたな」

後悔しきりのたくであった。

そんなある日、モリー宅のポストに一通の切手の貼っていない手紙が投函されていた。裏を見ると差出人の名前もない。不思議に思い封を開けてみると…。

ー あんはんはもう忘れたやろか?赤いレッドタクのマフラー、手ぬぐいにして…

「こ、これはたくの字や!あいつ、こんな詩を書いてからに…」

まだ、たくの家にも風呂がなかった頃、二人してよく銭湯に通ったことを思い出したモリー。

「そうやった。たしかオレが手ぬぐいを忘れた時、あいつ商売道具のレッドタク@赤いマフラーを出して、これを使えやって貸してくれたんだっけ…」

たくの恩情を思い出し、涙ぐむモリー。

「最近彼女とばかりくっついて、あいつとは疎遠やったもんな~。すまん、たく」

 次の日、銭湯へ向かう三人の姿があった。モリー、たく、銀子の三人である。モリーが、

「たまには昔を思い出して一緒に風呂に入ろうや」

とたくを誘ったのである。

今日は恋人同士が盛り上がるクリスマス・イブ。

一足早く銭湯を出た銀子は、今晩のモリーとの熱い夜を想像しながら二人が出てくるのを待っていた。

「おっそいわね~」

雪がちらついてきた空を見上げながら、銀子は冷え切った身体を震わせ、いつまで経っても出てこない二人にイラついていた。

その頃二人は、泡をめいっぱい立てて、あの赤いマフラーを使って身体を隅々まで洗いっこをしていたのであった。

「モリー、いつもクリスマスイブは俺たち二人きりで過ごしてたな~」

「そやね」

「今晩は、あの銀子と…か?」

「ま、まあな」

「あかん!あんな女にお前を渡さへんで!お前はオレのもんや!」

たくは泡だらけの裸体でモリーに抱きつくと、人目もはばからず号泣した。

「たく、そ、そんなにオレのことを…。わかった、今晩はお前と過ごす。銀子には悪いんやけどな」

二人は服を着ると、銭湯の裏口からこっそり出て、東大阪のラブホ街へ向かったのである…。

                  完

このストーリーは昨日のチャットで盛り上がっていた内容に、多少脚色を加えたものです(爆)題名の「宇治川」命名は、どぅい姐でございます☆ 

 


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。